SNS supports “Korean culture”

“How to make-up like Ulzzang” and “Ulzzang fashion”, these are the title of a lot of magazines for teenagers. A popular hair-stylle see-through bang and tints, cosmetics, all of them are from Korea. The image of Korean culture was the so-called “Korean wave”, but now it is changing.

 

Social Network Services (SNS) played an important role in spreading the “new Korean culture”. ‘When the popularity of Korean wave’ felt off considerably because of the political problem, the fan of Korean music tried to get the information by themselves,’ said Ryeong-Chol Rim, the CEO of Kumhwa Media, which manages a Korean information website Mouda. Korean dramas and Korean music were not gradually broadcasted with Japanese TV and lost its popularity. But Korean music had regular fans. Such fans made good use of SNS like Twitter.

 

Moreover, SNS has made the popularity of new “Korean culture” and contributed spreading it. As the users of SNS like Twitter and Instagram increase, people who updates SNS with fancy contents and shows how they live a full life gets a good reputation. Some cafes are popular because of their decorations of the shop or their products are fancy and good for updating on SNS. Because anyone can send the information to the world though SNS, now people have more chances to see such a fancy content.

 

In the world of SNS, an “influencer” who has many followers on SNS plays a big role. ‘They support the culture of fashion and make-up,’ said Rim. They have a big influence over teenagers who are attracted to them. Korean fashion and make-up are culture spread by them.

 

Mouda, a Korean culture website that provides Korean information for free is targeted at “girls who like Korea”. The number of the previews of a popular article on it is 6.8 million and the number of monthly users is 7 million in February 2017. When the website opens, the number of users was estimated at 1 million. In the website, in addition to the entertainment information, information of make-up, fashion and trips are carried. That is the reason Mouda has many users. From the popularity of Mouda, it is obvious people have a lot of interest to Korean culture and high utilization of SNS now.

 

Korean culture used to be a “Korean wave”, but the times have changed. There is political problems between Japan and Korea but the cultural ex1change between each people still goes on. And SNS will play a good role in that process.

 

 

Written by Ririko Tanifuji

Edited by Gengo Miura

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

“韓国文化”を支える SNS

 

書店に並ぶ雑誌を飾る“オルチャンメイク”、“オルチャン風ファッション”という言葉。人気の髪型“シースルーバンク”、化粧品コーナーの“ティント”。日本の若者から人気を集めるこれらはすべて隣国、韓国から日本に入ってきた文化だ。韓国文化といえば韓国ドラマなどの“韓流”であった時代が変わりつつある。

 

「新しい“韓国文化”の盛り上がりに SNS が果たした役割は大きい。」

 

韓国情報サイトモウダの代表理事イム・ヨンチョル氏はこう語る。“韓流”ビジネスが政治的問題により下火になったときに、K-POP ファンは、自ら情報を取りに行ったのだという。そのツールとして大活躍したのが Twitter 等の SNS だったのだ。

 

SNS は今日においてもなお新しい“韓国文化”人気を作り出し、その普及に寄与している。Twitter や Instagram といった SNS の利用が高まるにつれ、自己生活の充実やおしゃれなコンテンツを SNS に載せることがある種のステータスとなった。“SNS 受けの良い”カフェが人気を得るのもそのためだろう。SNS を通して誰でも発信者となれるため、おしゃれなコンテンツや芸能人以外のおしゃれな人の発信源が増え、自然と目にする機会も増える。中でも若者から支持を集め、多数のフォロワーを有す“インフルエンサー”が果たす役割は大きい。

 

「インフルエンサーがファッション・メイクの文化を支えている。」

 

イム氏は言う。韓国ファッション・メイクもまた、彼らの拡散力で大きく広まった文化の一つだ。“韓国好き女子”をターゲットとして情報を無料で提供している韓国情報サイトモウダは、2017 年 2 月現在で月間 680 万 pv、月間ユーザー数は 70 万人を突破している。設立当初、ユーザー数は 10 万人と見積もられていたという。エンタメ情報はもちろん、メイク・ファッション、韓国旅行に関する情報など幅広い情報を提供するため、単純な K-POP 好きの層以外のユーザーも獲得している。韓国情報サイトモウダのユーザー数の多さは、人々の韓国文化への関心の高さと、現代における SNS の利用度の高さがうかがえる。

 

韓国文化といえば“韓流”であった時代は過去のものになりつつある。また、韓国でも日
本旅行が大きなブームとなっている。政治的問題はあるが、日本と韓国、両国の文化的交流
はこれからも続くだろう。そしてその過程において SNS は大きな役割を担っていくだろう。